スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「JAPANTEX2016 セミナー ここに注目!」第17弾

「JAPANTEX2016 セミナー ここに注目!」第17弾

10月28日(金)12:30~13:30/ステージA

BIID JAPAN代表×HOUZZ JAPAN代表
極上インテリア対談/インテリアの冒険

デザイン・コンセプトという幹、それを生みだすデザイナーの豊富な知識、プロジェクトの主導方法、それにより得られる唯一無二のデザイン等々。BIID Award of Merit 2016を受賞した澤山乃莉子氏とHouzz Japan代表加藤愛子氏による極上のインテリア対談。インテリアのプロ必見です。

BIID JAPAN代表 インテリアデザイナー 澤山乃莉子
BIID JAPAN代表 インテリアデザイナー 澤山乃莉子

■プロフィール■
インテリアデザイナー、デザインコンサルタント 
ホテルレストランマネジメントコンサルタント
欧州トレンドジャーナリスト
プロ向けインテリアデザインカレッジ澤山塾主宰
英国インテリアデザイン協会BIID正会員(国際委員、国際委員長、面接官などを歴任)

明治大学で地理学、博物館学を修め、日本航空国際線CA勤務後、ホテル西洋銀座開設準備室を皮切りに、ホテルのマネジメントコンサルタントとなり、東京で10年の実績を積む。1995年の渡英後、The Interior Design School、ロンドン大学大学院建築学科、サザビーズなどで、インテリアデザイン、照明、ソフトファニシング、アートディレクション、デコラティブペイント、カラー、フラワーアレンジメントなどを4年にわたり修め、デザインオフィス勤務の後、2000年にロンドンでNSDAを起業。現在までインテリアデザインにおいては、日欧で住宅、ホテル、スパ、レストラン、ショップ、モデルルーム、家具デザインなどを手掛ける。家具デザインでは、英国D&D Awardでの入選や、ミラノサローネ3度の出展経験を持つ。http://www.houzz.jp/pro/norikosawayama 

コンサルティングにおいては、新規ホテル・レストラン、新規住宅シリーズコンセプト、企業向け海外展開促進や、長期優良住宅デベロップメントなどを手がける。
教育普及活動においては、日本のプロ向けセミナー、トレンドリポート執筆に携わり、プロ向け英国職業大学院プログラム澤山塾を主宰する。
チャリティ活動においては、日本の伝統工芸品を欧州マーケットに普及するための「Buy J Crafts
Campaign」、復興支援の「壁紙プロジェクト」「壁紙アートプロジェクト」などを主宰。BIID Award of Merit 2016受賞。

Houzz Japan(株) 代表取締役 加藤愛子
Houzz Japan(株) 代表取締役 加藤愛子
■プロフィール■
幼少期を米国ワシントン D.C.、サンフランシスコ、ミシガンで過ごす。シカゴ大学経済学部を卒業後、米国投資銀行ゴールドマンサックスのロンドン、および東京オフィスに勤務。2011年にINSEAD(フランス・シンガポール)でM.B.A.を取得後、ビューティー・トレンド・ジャパン株式会社の代表取締役に就任し、化粧品のサブスクリプションサービス、GLOSSYBOX 日本法人を創業。初年度の黒字化に成功する。その後、ニューヨークを拠点にベンチャー企業の海外展開に関するコンサルティングを行う。2014 年 11 月より現職。
趣味は音楽、ダンス、そして旅行。過去 40 カ国以上旅し、旅先のライフスタイルや住宅に触れることを楽しみとしている。

JAPANTEX 2016その他みどころは← 

JAPANTEX 2016セミナー一覧は← 

JAPANTEX 2016無料来場者登録は
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JAPANTEX 事務局

Author:JAPANTEX 事務局
インテリアトレンドショーJAPANTEXのスタッフブログです。
2017年は11月15日~17日、東京国際展示場(東京ビッグサイト)
"日本最大級のインテリア展示会"

Countdown
カウントダウンタイマー
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。