FC2ブログ

今年もまた新しいメンバーでインテリアデザインコンペに参加させていただく予定です 【インテリアデザインコンペ2013奨励賞 茨城大学教育学部齋藤ゼミ】

インテリアデザインコンペ2013 奨励賞を受賞。現在も茨城大学に在学中の大林芙美さんと岡美鈴さんに 受賞後のアンケートをさせていただきました。

2013年 奨励賞
グループ名・お名前:茨城大学教育学部齋藤ゼミBチーム
石塚 真実・大林 芙美・岡 実鈴・増渕 美聖・齋藤 芳徳
作品名:木漏れ日の部屋-新しいアールヌーヴォー-


2013斉藤ゼミB表彰
2013年表彰式にて

(1)現在の所属、職種*2014年7月現在
茨城大学教育学部情報文化課程の4年次です。

(2)現在の活動
齋藤芳徳先生の指導の下で卒業研究を進めています。
また、ゼミの新たなメンバーと共にプロダクトやインテリアのコンペに参加することで、物事に新しい価値をつけることができるような提案を日々考えています。

(3)作品で表現したこと
私たちは自然とともに暮らす癒しの空間をしあわせと考えました。
自然とインテリアの融合であるアールヌーヴォーを、新しい形で様々なインテリア素材に取り入れることで現代風にリノベーションし、家の中にいながらでも自然を感じられるような空間を表現しました。
  
2013斉藤ゼミB作品


(4)作品作りの思い出
当時3年生であった私たちには初めてのインテリアデザインコンペであり、ただただ大変だったのを覚えています。
テーマ決めがとても難航し、期限ギリギリまでメンバーと多くの話し合いを重ね、カタチにしていきました。
先輩と先生の意見が合わず板挟み(笑)になったり、大学に連日泊まりこんで夜な夜な作業したりしました。
提出締め切り前日にプレゼンテーションシートが完成しましたが、プリンターの故障というトラブルにみまわれ呆然となったのも、今となっては良い思い出です。

(5)受賞した時の感想
授業中に受賞を知り、嬉しさのあまり授業に集中出来なくなった記憶があります。
また、受賞式やレセプションパーティーに招待していただき、その中で他の受賞者の方々と作品についてお話する機会があり、とても有意義な時間を過すことができました。

(6)デザインコンペに応募して(賞をもらって)、その後の活動に影響があったか?
また  どのような影響があったか?

賞を頂いたことが自信に繋がり、その後の作品制作に以前以上に精力的に取り組むようになりました。

(7)ご自由にコメントをお願いします
今年もまた新しいメンバーでインテリアデザインコンペに参加させていただく予定です。
さらに上を目指し、面白い作品がつくれればと思い、日々精進しています。

茨城大学齋藤ゼミBチームblog用
現在のゼミの活動の様子(2014)

----------------------------------------
あなたの作品が東京ビッグサイトで展示されるかも
インテリアデザインコンペ2014の詳細は
http://japantex.jp/designcompe2014
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JAPANTEX 事務局

Author:JAPANTEX 事務局
インテリアトレンドショーJAPANTEXのスタッフブログです。
2020年は11月11日~13日、東京国際展示場(東京ビッグサイト)
"日本最大級のインテリア展示会"

Countdown
カウントダウンタイマー
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ