スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリアデザインコンペ2014 結果&最新インタビュー、作品写真/コメントあり(2015年7月)

インテリアデザインコンペ2014 結果
インテリアデザインコンペ2014表彰式 笑顔


昨年の結果発表:プレスリリース
http://japantex2014.japantex.jp/wp-content/uploads/2014/10/2014.10.27designcompe.pdf

□最優秀賞
林 和哉
2H Interior Design Office
窓辺の『間』 ‐心地いいEntrance Life-
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-299.html


□優秀賞
曽我部 務、亀井 義弘
風の調べと影 窓際の新しい結界(スク リーン)の提案
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-290.html

□優秀賞
細川 千景
辻 史彰 建築研究所
HUGE Curtain Style
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-298.html

□奨励賞
駒井 克年
有限会社綜合インテリアサンコー
この部屋自体がインテリア
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-292.html

□奨励賞
山田 崇史
慶應義塾大学大学院
Shelf-scape 〜モノがある風景と窓辺 空間を楽しむ〜
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-297.html

□奨励賞
黒木 誠也
KUROKI DESIGN
折節の眺め「四季回遊の間」慶應義塾大学大学院
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-296.html

□奨励賞
村山 惠美、岡 実鈴 、 中村 沙里衣、中山 め ぐみ、齋藤 芳徳
茨城大学教育学部齋藤ゼ ミAチーム
Glass room 〜パーテーションとカーテ ンで楽しい彩りを〜
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-291.html

□奨励賞
今田 百春
ケイエムアーキプロダクツ
Layer Railway + Denim tile
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-293.html

□奨励賞
加藤 奈津希、岡副 光 佑、名倉 愛
静岡セキスイハイムインテリ ア 沼津営業所
UNITE MOBILE+
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-295.html

□奨励賞
中邑 涼花
福岡デザイン専門学校
idea window
 作品URL(写真/コメントあり) http://japantex.blog74.fc2.com/blog-entry-289.html
スポンサーサイト

テーマ : インテリア
ジャンル : ライフ

外部と内部の境目は暮らしを豊かにさせてくれる要素が多く存在すると私は思います。そんな要素をファブリックを通して、より素敵に感じれるようにすること。そんな空間を目指しました。 【インテリアデザインコンペ2014年 最優秀賞 林 和哉さん】

インテリアデザインコンペ2014 最優秀賞の2H Interior Design Office 林 和哉さんに 受賞後のアンケートをさせていただきました。

2014年 最優秀賞
グループ名・お名前:2H Interior Design Office 林 和哉
作品名:窓辺の『間』~心地いいEntrance Life~

2014年 最優秀賞 窓辺の『間』~心地いいEntrance Life~-2
2014年 最優秀賞 窓辺の『間』~心地いいEntrance Life~

2014年 最優秀賞 窓辺の『間』~心地いいEntrance Life~-1
2014年 最優秀賞 窓辺の『間』~心地いいEntrance Life~

(1)現在の所属、職種*2015年7月現在
設計職

(2)現在の活動
商業施設や専門店の設計監理

(3)作品で表現したこと
外部と内部の境目は暮らしを豊かにさせてくれる要素が多く存在すると私は思います。そんな要素をファブリックを通して、より素敵に感じれるようにすること。そんな空間を目指しました。

(4)作品作りの思い出
普段は仕事をしているので、少しでも空きの時間ができたら、コンペのことを考えるという癖をつけるように日々過ごしていたと思います。
コンペのことを考えたりすることは、日常の実務とはどこか違う所の脳を使っている感じがして新鮮で、両方あってこその関係だったと思います。

(5)受賞した時の感想
コンペをしている時は1人で部屋でこもって作業をしていましたが、作品が出来上がり、そして最優秀賞に選ばれ、作品を展示する機会まで頂き、それが沢山の方々に見て頂けるようになる、この一連の過程がドラマチックで感慨深かったです。

林 和哉さん@インテリアデザインコンペ2014表彰式1
林 和哉さん@インテリアデザインコンペ2014表彰式

受賞プレゼンボードとイメージ展示最優秀賞2014
受賞プレゼンボードとイメージ展示

(6)デザインコンペに応募して(賞をもらって)、その後の活動に影響があったか?
賞を頂けて、具体的に変化があったこととしましては、以前通っていた専門学校様より、入学を検討している方々にお話をしてくれませんか?とご依頼があったことです。なかなかこのような機会は今までありませんでしたし、私としても初めての経験で色々と勉強させて頂きました。

(7)ご自由にコメントをお願いします(第十二回の応募者へのメッセージ)
コンペを始める時は、スケッチブックは白紙のような状態ですが、それを諦めず最後まで続ければ、そのスケッチブックには色んな線や文字が生まれ、色んな形状が描かれていくことになると思います。
最初の頃には自分でも想像しなかった作品が、徐々に姿を現して、そこからさらに作品と向き合い、ブラッシュアップさせるとより自分の目指している作品がハッキリ見えてくると思います。その過程を体験できることは作り手として醍醐味の1つです。
きっと楽しめます。第12回のコンペの作品を私も楽しみにしてますので、是非楽しみながら挑戦して下さい。

----------------------------------------
あなたの作品が東京ビッグサイトで展示され、表彰されるかも
インテリアデザインコンペ2015の詳細は
http://japantex.jp/designcompe2015

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

HUGE Curtain Style カーテンの色や柄の重なりも取り入れたら面白いと思いました【インテリアデザインコンペ2014優秀賞 細川 千景さん】

インテリアデザインコンペ2014 優秀賞の辻 史彰 建築研究所 細川 千景さんに 受賞後のアンケートをさせていただきました。

2014年 優秀賞
グループ名・お名前:辻 史彰 建築研究所 細川 千景
作品名:HUGE Curtain Style

HUGE Curtain Style-2014presentationboard-1
2014年 優秀賞 HUGE Curtain Style

HUGE Curtain Style-2014presentationboard-2
2014年 優秀賞 HUGE Curtain Style

(1)現在の所属、職種*2015年7月現在
辻史彰建築研究所 注文住宅の設計事務所

(2)現在の活動
設計業務のアシスタント、インテリアコーディネータ

(3)作品で表現したこと
通常窓サイズに合わせているカーテンを、内装の一部として活用することをテーマにしました。
1枚の布が大きな面で見えてくるので、色や柄の重なりも取り入れたら面白いと思い制作しました。

(4)作品作りの思い出
表現したいテーマを考えながら、布でやる意味があるのか?募集内容に沿っているか?など
自問自答を繰り返していたのが印象に残っています。

(5)受賞した時の感想
ん! おぉー・・・ !? というテンションでした。
落ち着いてメールを読み返しました。嬉しかったです。

表彰式細川さん2014優秀賞
細川 千景さん@インテリアデザインコンペ2014表彰式

イメージ展示&プレゼンボード細川さん2014優秀賞
受賞プレゼンボードとイメージ展示

(6)デザインコンペに応募して(賞をもらって)、その後の活動に影響があったか?
仕事、制作活動ともに大きな変化はありません。
積み重ねだと考えているのでコツコツ続けています。

(7)ご自由にコメントをお願いします(第十二回の応募者へのメッセージ)
受賞者の方との出会いも素敵な思い出になりました。
また良い機会に恵まれるように続けていきたいです。

----------------------------------------
あなたの作品が東京ビッグサイトで展示され、表彰されるかも
インテリアデザインコンペ2015の詳細は
http://japantex.jp/designcompe2015

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

棚(家具)とインテリア素材が内と外、人とモノをつなぎ風景をつくる様子を表現しました。【インテリアデザインコンペ2014奨励賞 :慶應義塾大学大学院 山田 崇史さん】

インテリアデザインコンペ2014 奨励賞の慶應義塾大学大学院 山田 崇史さんに 受賞後のアンケートをさせていただきました。

2014年 奨励賞
グループ名・お名前:慶應義塾大学大学院 山田 崇史
作品名:Shelf-scape ~モノがある風景
と窓辺空間を楽しむ~

慶應義塾大学大学院 山田 崇史プレゼンボード-1
2014年 奨励賞 Shelf-scape ~モノがある風景と窓辺空間を楽しむ~

(1)現在の所属、職種*2015年7月現在
慶應義塾大学大学院

(2)現在の活動
建築、インテリア、プロダクト、アートのデザイン

(3)作品で表現したこと
棚(家具)とインテリア素材が内と外、人とモノをつなぎ風景をつくる様子を表現しました。
慶應義塾大学大学院 山田 崇史プレゼンボード-2
2014年 奨励賞 Shelf-scape ~モノがある風景と窓辺空間を楽しむ~

(4)作品作りの思い出
空間について改めて考える良い機会になりました。
インテリアデザインコンペ2014山田氏

(5)受賞した時の感想
自分が考えたデザインが評価を受けてよかったです。
インテリアデザインコンペ2014表彰式山田氏


(6)デザインコンペに応募して(賞をもらって)、その後の活動に影響があったか?
デザイン、設計をしている方々に知り合うことができ、ネットワークが広がりました。


(7)URL
https://sites.google.com/site/yamadatakashidesign/

(8)ご自由にコメントをお願いします
このコンペによって活動の幅が広がると思います。コンペに応募される方、頑張ってください。

----------------------------------------
あなたの作品が東京ビッグサイトで展示され、表彰されるかも
インテリアデザインコンペ2015の詳細は
http://japantex.jp/designcompe2015

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

地域社会に貢献し、微力でもインテリア市場の活性化に繋げていきたいと思っています。【インテリアデザインコンペ2014奨励賞 :KUROKI DESIGN 黒木 誠也さん】

インテリアデザインコンペ2014 奨励賞のKUROKI DESIGN 黒木 誠也さんに 受賞後のアンケートをさせていただきました。

2014年 奨励賞
グループ名・お名前:KUROKI DESIGN 黒木 誠也
作品名:折節の眺め「四季回遊の間」

kurokidesign2014presentationboard--1
2014年 奨励賞 折節の眺め「四季回遊の間」

(1)現在の所属、職種*2015年7月現在
KUROKI DESIGN 代表 / インテリアデザイナー

(2)現在の活動
大分市を拠点に活動しています。大分では新築戸建住宅のトータルデザイン、福岡ではマンションのリノベーションなど、住居系のデザインをメインに活動中です。

また、生活に欠かせない「光」をテーマに考案した企画住宅「 VILLA-Lux ヴィラ ルクス - 光の邸宅 - 」を大分の工務店と共に展開中で、今後完成内覧会などのイベントを予定しています。
KUROKI DESIGN 黒木 誠也 Forest side House
リノベーション事例写真
KUROKI DESIGN 黒木 誠也 Urban Modern
リノベーション事例写真

(3)作品で表現したこと
海外からの友人を歓待したいという「自らの想い」を素直に表現しました。
現在、海外からの訪日観光客数が増加傾向であり、ホームステイなどで海外からのお客様をお招きする機会も増えてくると思います。私自身、十数年前に留学していた経験から、ホームステイや、友人から招待を受ける機会がありましたが、いずれの滞在先(宿泊先)も、その国らしさを上手く表現しており、その国の文化、風情や情景、人々の優しさなどと相まって、とても心地よく素晴らしい経験でした。それらの経験から、滞在先(宿泊先)は、旅の楽しさを左右する重要な要素だと感じています。日本にも「素晴らしい文化」、「独特な気候や風情・情景」、そして「もてなしの心を持っ た人々」など誇れる要素が数多く、それらと滞在先(宿泊先)の日本らしい心地よいインテリアが上手く融合した時、最良の記憶として残り続けるのではないかという想いから、この作品は完成しました。
KUROKI DESIGN 黒木 誠也 プレゼンボードー1
2014年 奨励賞 折節の眺め「四季回遊の間」

(4)作品作りの思い出
日常業務との両立は多少苦労しましたが、コンセプトは明確に決まっていましたので作業はスムーズに進みました。

(5)受賞した時の感想
作品を郵送する際に「頑張って来いよ!」と親のような気持ちで見送り、受賞の報告をいただいた時は、複製の作品と
共に喜びました。表彰式の際にはJAPANTEX会場で本作品と再会し、展示された堂々たる姿に誇らしく感じたことを
覚えています。親バカですね(笑) とにかく嬉しかったです。
kurokidesign2014-3.jpg

(6)デザインコンペに応募して(賞をもらって)、その後の活動に影響があったか?
お客様からの信頼を得ることができました。また、今後も受賞に恥じることのないよう精進し、自分らしい仕事を続けて
いきたいという自覚も生まれ、自身のスキルアップに良い機会となりました。
04-表彰式-017small.jpg


(7)URL
【 Frickr Photostream 】 http://www.flickr.com/photos/masayakuroki/

(8)ご自由にコメントをお願いします
昨年受賞式にお招きいただき、初めてJAPANTEX会場を視察しましたが、素晴らしいインテリア商品の数々を見ることができ貴重な経験をさせていただきました。日頃より感じていることですが、インテリアデザイン業に携わる者の使命として、住まい手の多様なニーズに応え、信頼を得ることはもちろんですが、地域社会に貢献し、微力でもインテリア市場の活性化に繋げていきたいと思っています。私の住む大分では、インテリアに興味を持つ人は多いものの、ライフスタイルショップやメーカーのショールームなどのインテリアに触れ合える場が少なく、インテリア又は商品に関する認知度アップが難しい状況です。しかしながら、日本には素晴らしいメーカー、そして素晴らしいイ ンテリア商品がたくさんあります。それらを我々が上手くユーザーに示し、インテリア市場が少しでも活性化できるよう、1人のデザイナーとして努めていきたいと思います。

----------------------------------------
あなたの作品が東京ビッグサイトで展示され、表彰されるかも
インテリアデザインコンペ2015の詳細は
http://japantex.jp/designcompe2015

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

大きな窓との楽しい付き合い方を表現しました。 【インテリアデザインコンペ2014奨励賞 :静岡セキスイハイムインテリア株式会社 沼津営業所 加藤 奈津希さん、岡副 光佑さん、名倉 愛さん】

インテリアデザインコンペ2014 奨励賞の静岡セキスイハイムインテリア株式会社 加藤 奈津希さんに 受賞後のアンケートをさせていただきました。

2014年 奨励賞
グループ名・お名前:静岡セキスイハイムインテリア株式会社 沼津営業所
加藤 奈津希、岡副 光佑、名倉 愛
作品名:UNITE MOBILE+

静岡セキスイハイムインテリア株式会社-1

2014年 奨励賞 UNITE MOBILE+

(1)現在の所属、職種*2015年7月現在
□現在の所属
静岡セキスイハイムインテリア株式会社
加藤 奈津希:浜松東営業所
岡副 光佑:沼津営業所
□職種
インテリアコーディネーター

(2)現在の活動
住宅メーカーのインテリアコーディネーターとして、戸建住宅・マンション等のコーディネート提案を行っています。戸建住宅では半期で約20棟を担当し、床・壁等の内装決め、電機配線プランニング、照明・カーテン・家具・造作家具プラン、エアコンやインターホンなどの設備提案等、住空間におけるほとんどの部分のコーディネートを、トータルでご提案しています。最近では、マンションのコーディネート依頼も増え、照明・カーテン・家具提案などの機会も増えました。また、所属会社の業務範囲として、施工・施工管理も行っています。打合せから完成まで一貫して1物件に関わるので、とてもやりがいのある仕事です。

(3)作品で表現したこと
大きな窓との楽しい付き合い方を表現しました。窓と空間との関わりについては、普段の業務でも常に考えている内容なので、いつもと違った角度から新しい生活スタイルのイメージをしたいと思いました。
静岡セキスイハイムインテリア株式会社-2
2014年 奨励賞 UNITE MOBILE+

(4)作品作りの思い出
今回は3人チームで挑戦し、それぞれがテーマである「窓と暮らし」に対して生活シーンのイメージを持ち寄りました。大きなテーマなので色々な意見が出ましたが、漠然としてしまい、まとめるのには大変苦労しました。3人の共通認識である光や生活が変わっていく、【可動する】と言うワードから作品を作っていくことにしました。業務では個々でお客様を担当するので、チームでひとつの作品を作る事はありませんが、チームでのコンセプト作りや模型作り、模型に光を当てた写真撮影など、表現方法を試行錯誤しながら楽しい創作の時間になったと思います。

(5)受賞した時の感想
今回は初めてインテリアデザインコンペへ応募をさせて頂き、入賞の連絡を頂いた際にはあまり実感が沸きませんでした。当日、自分たちの作品が展示されているのを見て「本当に賞を獲れたんだ!」と実感すると同時に、他のレベルの高い作品と共に自分たちの作品が展示されている事を、とてもうれしく思いました。表彰式にご招待いただき、本当にありがとうございました。
表彰式積水2014


(6)デザインコンペに応募して(賞をもらって)、その後の活動に影響があったか?
自分たちが賞を受賞した事をHPで見たお客様がいて、受賞をとても喜んでいただきました。自宅のコーディネートをした事をあらためて感謝の言葉を頂き、とても自慢に思う、と言っていただきました。社内でも評価があがり、センスのいいコーディネーターだから安心してお客様を任せられるね!と言っていただく事もありました。 

(7)URL,FACEBOOK
URL http://www.comforti.co.jp/ (静岡セキスイハイムインテリア株式会社)

FACEBOOK  https://ja-jp.facebook.com/pages/%E9%9D%99%E5%B2%A1%EF%BD%BE%EF%BD%B7%EF%BD%BD%EF%BD%B2%EF%BE%8A%EF%BD%B2%EF%BE%91%EF%BD%B2%EF%BE%9D%EF%BE%83%EF%BE%98%EF%BD%B1%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE/126051330870510

(8)ご自由にコメントをお願いします(第十二回の応募者へのメッセージ)
仕事をしながらのコンペ挑戦は、時間の制約も有り大変ですが、自分の巾を広げる大切な時間になると思います。

現在のお仕事など:
静岡セキスイハイムインテリア株式会社仕事ー1

静岡セキスイハイムインテリア株式会社仕事ー2

静岡セキスイハイムインテリア株式会社仕事ー3

静岡セキスイハイムインテリア株式会社仕事ー4


----------------------------------------
あなたの作品が東京ビッグサイトで展示され、表彰されるかも
インテリアデザインコンペ2015の詳細は
http://japantex.jp/designcompe2015

テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

プロフィール

JAPANTEX 事務局

Author:JAPANTEX 事務局
インテリアトレンドショーJAPANTEXのスタッフブログです。
2017年は11月15日~17日、東京国際展示場(東京ビッグサイト)
"日本最大級のインテリア展示会"

Countdown
カウントダウンタイマー
カテゴリ
最新記事
カレンダー
07 | 2015/08 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。